写真:アイキャッチ画像

Slack社が採用したWeb会議システム – SlackとZoomの連携方法

2018/03/05

これまでWeb会議システムのZoomを取り上げてきましたが、今日はそのZoom記事の第3弾となります。ビジネスチャットのNo.1シェアを誇るSlackとの連携方法、そしてその便利な使い方をご紹介します。

実はそのSlack社もZoomのユーザーであり、ミーティングにZoomを活用しています。この2つのコミュニケーションツールを組み合わせることで、Slack上でチャットでコミュニケーションしながら、直接5分、10分話をしたい時にワンクリックでZoom会議を開くことができるようになります。このように日常業務の中でシームレスに会議に移行できることが特徴です。

使い方は、連携設定をした上で、特定チャンネル上で「/zoom」とコマンドを入力するだけです。注意点として、/zoomコマンドを利用される方は、Zoom有料アカウントである必要があります。

使い方

1. Slackの画面

Slack 画面

2. 特定チャンネル上で「/zoom」を入力します。

Slack 画面 /zoom3. 「/zoom」を入力すると以下の画面が出てきます。

会議に参加するのは「Click here to join」をクリックするだけ!

Click here to join!!

4. クリックするとミーティングが開始します
Slack Zoom ミーティング

いかがでしょうか?シームレスに会議に移行できました。チャットで会話していても直接話さないと解決しないことは普段からよくありますが、このSlackとZoomの組み合わせはそのような問題解決に非常に役立ちます。

それでは次に、連携設定方法をご紹介します。

SlackとZoom連携 設定方法

設定にはSlack側でアプリインストール権限、Zoom側は管理者権限が必要ですが、手順はシンプルです。

1. SlackのAppディレクトリでZoomを追加

Slack Zoom 設定方法

参考:ワークスペースにアプリを追加する

2. Zoomを選び、「サイトにアクセスしてインストール」をクリッ
インストール

3. Zoomの画面に飛びますので「Add to Slack」をクリック

ZoomにSlackを追加する

4. ZoomのProfile→Integration画面が開きますのでスクロールしてSlackを確認
  Authorizeをクリック
Slack認証

5. 確認画面がでますので「許可する」をクリック!
確認画面

これで完了です!ぜひ使ってみてください!

ZoomをSlackのデフォルト通話アプリ設定にするともっと便利

連携設定後、Slack上でデフォルト通話アプリとしてZoomを選択できるようになり、よりシームレスなオンライン会議への移行が可能になります。以下SlackのURLを参考にしてZoomに変更します。

デフォルトの通話アプリを変更する

連携を行うと、チャンネル上の電話アイコンをクリックするだけでZoom会議の参加画面が表示されます。

Slack画面

「/zoom」を入力 or 画面上の電話アイコンをクリックするいずれか使いやすい方法をご利用ください。

以上になります。

Yukiharu Matsuguの写真

この記事を書いた人

Yukiharu Matsugu

2016年4月よりNissho USAに着任。
米国で採用していたWeb会議ツールを使いこなせない自らのITリテラシーに絶望しているところ、訪問先のスタートアップにてZoomに出会い感動。
これはきっと役に立つと確信し、社内外に紹介を始める。念願叶って社内導入、社外販売の推進役担当に。
サッカーと将棋が好き。

Zoom × Nissho blog

全米上位500社のうち58%が利用しているオンラインミーティングツール「Zoom」。
機能から会議やリモートワークなどでの活用シーンまで徹底的に解説しています。
「Zoom」を200%活用していただくためのノウハウを余すところなくお伝えします。

  • 顧客満足度 No.1
  • Fortune 500の58%が利用

※Fortune 500:全米上位500社がその総収入に基づき
米フォーチューン誌によりランキング付けされる

オンラインミーティングツールzoom

まずは無料トライアル