Zoomが提供する
クラウド電話サービス

Zoom Phone

  • Zoom Phoneは世界1万社以上に選ばれています
  • 日商エレは、Zoomサービスをトータルでサポート可能
  • Zoom企業向けライセンスの導入1,000社以上の実績

Zoom Phoneとは?

Zoom Phoneは世界で最も勢いがあるクラウド型の電話サービスです。

世界47 カ国・地域のお客様に利用されており、2019年のリリースからわずか3年で300万ライセンスを業界最速で獲得しました。
グローバルにデータセンター拠点を持つフルクラウドサービスで、日本でも2021年に正式リリースされました。
国内のデータセンターは東京、大阪の2拠点で運用されています。
Zoom Phoneは、「利便性」「品質・信頼性」「コスト」を理由に1万社以上に選ばれています。
日商エレクトロニクスは、Zoom Phone プレミスピア接続の販売実績を持つパートナーとして最適なご提案をお客様にご提供致します。

FEATURES Zoom Phoneの特徴

Point 01

一つのアプリで
Web会議、電話、チャットに対応

Zoomは、Web会議、電話、チャットの機能を一つのアプリケーションで提供します。
PC、スマホ、タブレットなど端末も問いません。アプリ上のタブを切り替えるだけで簡単にWeb会議をしたり、電話を掛けることが出来る高い利便性があります。
また、フレンドリーなユーザーインターフェースにより、どんなITレベルの方でも使いこなすことができます。

Point 02

どこからでも高品質に通話を実現

現在ではリモートワークが当たり前となり、オフィス、自宅、外出先などの様々なネットワーク環境下でも十分な品質を保つ製品・サービスを選ぶ必要が出てきました。

Zoom Phoneは、独自のテクノロジーを活用して、多少(最大40%程度)のパケットロスがあってもアプリケーションレベルで通話品質を維持しています。それにより様々なネットワーク環境化でも優れた品質と信頼性を提供します。
※帯域幅、データパケットロス、遅延等の項目

出典:2021年1月Wainhouse Research企業のミーティングと通話の品質評価レポート
https://blog.zoom.us/ja/which-meeting-calling-solutions-deliver-the-best-quality-experience/

Point 03

高い信頼性のためのアーキテクチャ

グローバルに分散されたデータセンターと冗⾧性

  • Zoom Phoneのすべてのデータセンターは、グローバルに分散・冗⾧化されています。そのため障害時でも強いシステムをご提供しています。日本には、東京と大阪にデータセンターがあります。
  • また、Zoom Phoneのインフラストラクチャのキャパシティプランニングは、全てにおいて50%以下の使用率になるよう設計されています。
  • 高い信頼性と安定性を提供します。
Point 04

様々なツールと連携可能

Zoom Phoneは、多数のSaaSアプリケーションと連携することができるので、より便利にZoom Phoneを利用できます。

■Microsoft Teams
TeamsのアプリケーションにZoomのアイコンが追加され、TeamsメッセージからZoom Phoneで簡単に電話をかけることができます。 Azure Active Directory 統合を利用することで、Zoomアカウント登録のプロビジョニングも行うことが可能です。 

■Slack
Slackメッセージやチャネルで、/zoom call と、通話したいメンバーの表示名または電話番号を追加することでZoom Phoneで電話を簡単にかけることができます。

Point 05

専門知識不要で操作可能
わかりやすい管理画面

■管理者
専門知識が不要で、直感的に操作可能な日本語の管理画面を提供しています。
Web会議、電話、チャット、TV会議システムを一つの画面で管理が可能です。
ダッシュボード機能によって全社の通話状況を可視化します。また問題がある通話の原因の切り分けを簡単に行うことも出来ます。

■ユーザー
管理者が任意の期間のコールの統計情報をダッシュボード上で見ることができるようになります。各通話をMOS値(Mean Opinion Score) で評価し、そのデータはダッシュボードに表示されるので、管理者が質の良い通話と質の悪い通話の両方の詳細を簡単に分析できます。

SOLUTION Zoom Phoneが実現できること

どこにいても電話の発着信が可能

  • リモートワークの実施にあたり、企業が抱える電話の課題の一つとして「代表電話を取るために、一部の人が出社しなければならない」ということがあげられています。
  • Zoom Phoneを利用すれば、電話対応をする場所を問いません。在宅勤務/テレワークや出社、外出先であっても、代表電話の発信・着信の対応ができます。
  • 例えば、在宅勤務中に掛かってきた代表電話を、外出している営業に転送するということも可能です。

固定電話、スマホ、PCなど、幅広いデバイスの対応

  • 従来の電話システムでは、固定電話は代表番号を取るためのデバイスで、スマホ/携帯電話は個人の番号に掛かってきた電話を取るためのデバイスでした。
  • Zoom Phoneは、「固定電話機(有線・Wi-Fi対応)」「スマートフォン」「PC」「DECT IP Phone(ワイヤレス子機)」、「Zoom Rooms対応機器(Zoom のテレビ会議システム)」など、幅広いデバイスに対応しており、デバイスを問わず電話対応を行うことが可能です。例えばスマートフォンからでも企業の代表番号での発着信ができます。もちろん、個人の番号を合わせて持つことも可能です。

既存の代表番号の継続利用

  • 電話システムを更改するにあたり、お客様に告知している電話番号の継続的な利用がお客様のご要望として多くあります。Zoom Phoneは、現在使用している電話番号を変更することなく、そのままZoom Phoneを利用することが可能です。
  • Zoom Phoneはプレミスピア接続であれば、今使っている通信事業者の固定回線をそのまま利用できます。これは、SBCというゲートウェイを宅内に設置することで実現できます。

Web会議とのシームレスな連携

  • Web会議ソリューションが普及し、離れていても顔を見ながら会話をしたり、資料を共有したりすることが円滑なコミュニケーションにあたり必要不可欠になっています
  • Zoom Phoneにしかない特徴の一つとして、電話からWeb会議へシームレスに切り替えることが可能です。
  • 例えば、電話をしていて「資料を共有しながら話したい」となった際には、通話中にワンクリックで音声通話からZoom Meetingに切り替えることができます。さらに他の人を招待することにより手軽に3者Meetingを行えるため、これまでのソリューションでは実現できなかったよりスムーズなコミュニケーションを実現します。

シンプルな運用管理とコスト削減

  • 多くの企業では、チャット、電話、テレビ会議システムなどすべて操作方法や運用管理が異なる製品を組み合わせて利用されているのではないでしょうか。管理側にとって、利用するアプリケーションが増えれば増えるほど管理工数も増えます。
  • Zoom Phoneは、これらすべてを一つのアプリケーションで実現しているため、運用もシンプルです。また、ダッシュボードは従来のオンプレPBXやクラウドPBXにはなかったグラフィカルでわかりやすいGUIを提供しているため、一目で品質等の確認ができます。

Zoom Phone導入によるコスト削減効果

  • 当社環境を元にしたシミュレーション結果によるとZoom Phoneを導入することによって、5年間の利用で合計約1億円のコストを削減できます。*
  • また、Zoom Phoneは、従業員が保有しているスマートフォンでのBYOD ( Bring Your Own Device)の利用も可能です。企業で契約するスマートフォンの調達や配布、管理コストを低減させることが出来ます。

*オンプレミスPBXからZoom PhoneクラウドPBXへ移行。通信回線は法人向け格安SIMに移行。

* 電話でのPC利用を推進して、会社契約の携帯端末を1000台から500台に削減。

営業時間とボイスメール

営業時間の設定と不在時の録音メッセージ
  • オフィス時間/営業時間を設定して電話を受けたり、営業時間後にボイスメールを送るように設定することが可能です。
  • ヘルプデスクなど営業時間を設定する必要がある部署や、従業員のワーク ライフ バランスの維持にも役立ちます。
  • また、録音されたボイスメールは、自動で文字起こしをすることができます。これにより対応の優先順位付けが可能になります。
ボイスメールの設定
営業時間の設定

共有ボイスメール

共有可能な不在時の録音メッセージ
  • 共有ボイスメールは、留守番電話の録音メッセージの機能です。
  • 複数のユーザー/グループ間で単一のボイスメール ボックスを共有することができ、この機能により休暇中の従業員のフォロー、営業対応をワンチームで行うことができます。
  • 共有ボイスメールは、メールでの通知でも受け取ることが可能です。
  • また、文字起こし(現在英語、日本語は今後のアップデート)も備えています。
共有ボイスメールの確認

自動通話録音

外線内線の通話を自動的に録音
  • Zoom Phoneは、追加オプションは必要なく、外線/内線電話の通話を自動録音する機能が標準でついています。
  • 2021年11月現在、自動通話録音は無償で容量無制限の録音を行うことができ、保存先は日本のデータセンターを選択可能です。
  • 従来の通話録音システムでは、固定電話の外線発着信は回線とPBXの間に、固定電話の内線はPBXと固定電話の間に音声を取得する装置を置かなければなりませんでした。また、携帯電話の通話録音は携帯通信事業者の網側で音声を取得する必要があるので、携帯通信事業者の通話録音サービスを契約したうえで、企業宅内に通話録音ファイルを受信するサーバーを設置しなければなりませんでした。さらに、固定電話と携帯電話の両方を一括で管理するためには前述の別々のシステムやサービスを組み合わせる必要があり、連携できない組み合わせも多くあります。Zoom Phoneでは全ての通話をZoom PhoneのCloud側で制御するため、一括で管理することが可能です。
  • 録音したデータは、自動で文字起こしをすることができるため確認も簡単にできます。
  • また、法的理由で通話をダウンロードする必要がある場合でも対応可能です。
営業時間の設定

コールモニタリングとウィスパー

第三者による通話のモニタリングと、ささやき機能
  • コールモニタリングとは、外線通話を他のデバイスを使って第三者も聞くことができる機能です。
  • この機能により、お客様と部下の会話内容を聞くことができるため、コールセンター業務だけでなく、新人教育のOJT業務などにも活用できます。
  • ウィスパー機能により、お客様に聞かれることなく部下にアドバイスを送ることが可能です。必要に応じて上司が部下に変わり会話を継続したり、3者通話に切り替えて会話することができます。

【ささやき機能イメージ】

  • Aさんが、お客様と通話をしています。Aさんの上司であるBさんが二人の通話を聞きます。
  • Aさんに対して、お客様に聞こえない形でBさんがアドバイスを伝えます。
  • BさんがAさんと交代する形でお客様との会話を開始したり、Bさんが会話に入って3者通話に切り替えることができます。
機能のイメージ

コールフリップ

異なるデバイス間での通話呼の継続

通話を保留にして、別のデバイスで通話を再開することにより、モバイル アプリ、デスクトップ アプリ、固定電話の間における通話の切り替えをワンクリックや2クリックで行うことができます。

固定電話→スマホ→Zoom Roomsへのコールフリップ
ポイント
  • PCにインストールされているZoomアプリから簡単に電話が掛けられます。
  • 着信時には、PC、スマホ、固定電話等複数デバイスを同時に呼び出し(同時鳴動)させることができます。
  • 固定電話で電話を受け、スマホへコールフリップ(デバイスの切り替え)を行います。 スマホから、Zoomの会議室であるZoom Roomsへコールフリップ(デバイスの切り替え)をします。
  • 通話が途切れることなくデバイスの切り替えがワンクリックや2クリックで簡単にできます。
  • 電話からZoom Meetingへの切り替えが簡単にできます。

呼び出しキュー

電話を複数のメンバーで受ける
  • 呼び出しキューとは、会社の代表や部門代表に掛かってきた電話を複数のメンバーで受けることができる機能です。
  • 掛かってきた電話をそのまま1対1にならすのではなく、複数のメンバー(そのメンバーがPCとスマホを利用している場合には全てのデバイス)を鳴らすことができます。
  • 呼び出しのルールは、下記のように運用に合わせて柔軟に変更することが可能です。
    1. ① 登録されているメンバーを同時に全て鳴らす
    2. ② 番号を決め、先頭から順番に鳴らす(シーケンシャル)
    3. ③ 1番目の受電はAさん、2番目はBさんと順番に鳴らす
      (ラウンドロビン)
    4. ④ 一番電話を応答していない待ち時間が長い人から鳴らす
      (ロンゲストアイドル)
  • この機能により、例えば、課の代表番号に外線電話がかかってきた際に、在宅をしているメンバーであっても順番が回ってきた場合にはPC、スマホなど複数デバイスを鳴らすことができます。

自動応答(IVR)

コンピューターでの音声自動応答システム
  • コンピューターによる音声自動応答システム(IVR)を標準で利用することができます。
  • この機能により、営業時間外であっても電話対応を行うことが可能です。定型パターンの問い合わせについては対応スピードが格段に上がるだけでなく、サービス提供側の人件費が削減できるメリットがあります。
  • また、この自動応答は曜日ごとに営業時間の設定を行うことができます。
  • 応答メッセージは録音し任意のものが利用でき、営業時間、非営業時間に応じて、自動応答の対応を変更させることで、適切な案内をお客様に行うことが可能です。
自動応答メニューの設定

ダッシュボード

異なるデバイス間での通話呼の継続
  • Zoom Phoneを契約すると、標準で管理者ダッシュボードの利用ができます。
  • 管理者メニューの、Zoom Meetingなどの利用状況が確認できるダッシュボードに、Phoneのメニューが追加されます。ダッシュボードでは、デバイス、コーデック、ISP、Networkごとに品質が悪い通話が一目でわかるため、どこに障害があるのか容易に判断ができます。
  • また、テナント内の全通話について、詳細な品質(パケットロス等)など詳細が確認可能です。
  • 従来の電話システムの「管理コンソール」や「カスタマーコントロール」画面は非常に複雑かつ難解で、専門の担当者でなければ触ることもできなかったため、組織変更や人事異動の際の設定変更はPBX業者に依頼するしかありませんでした。Zoom Phoneでは非常にわかりやすい管理画面が提供されており、誰でも簡単に設定を行うことが可能です。例えば、このような場合にはこうする、というような分岐が入るような設定も、プルダウンからの選択やと日本語入力で簡単に設定することができます。
利用状況確認画面の例

Power Pack

オプションで利用できる機能
  • Power Packオプションは、複数の通話を取り次ぐ受付の方、秘書の方、ヘルプデスク担当の方に非常に有効なツールです。
  • 今までは代表番号を取り次ぐ受付の方などは、沢山の電話回線を割り当てるボタンが並んだ所謂「秘書電話」のような電話機が必要でしたが、Power Packを使用すると代表番号や部門で共有している番号の状況をリアルタイムで確認することが可能となります。また、Zoomアプリの画面と併用すると社員の現在の状況(電話中、会議中、オフラインなど)が一目でわかるため、外線着信時に誰に取り次いでいいのかが瞬時に判断できます。
機能のイメージ

PLAN Zoom Phoneの構成とプラン

Zoom Phoneには2つの構成パターンがあります。

既存の電話番号で使いたい方向け
プレミスピア接続

■パターン1[プレミスピア接続]

企業における代表番号はお客様からの受付窓口となっており、簡単には変えることができないものです。この場合は企業内にSBCというゲートウェイを置くことにより、既存の0ABJ番号(03、06等の地域に根差した番号)を利用することが可能です。

Zoom Phoneクラウドへはインターネット経由で接続するので、通話信号の流れとしてはインターネットを往復して企業内に戻り、SBC経由で既存の固定電話回線経由で公衆回線網へ出ていきます。

Zoomから払い出した番号で使いたい方向け
ネイティブ公衆網接続

■パターン2[ネイティブ公衆網接続]

Zoomが提供する050で始まる電話番号をSBCやPBXを介さずに、そのまま外線番号として利用する接続方法です。(0ABJ番号は今後提供予定)こちらのメリットは企業内に設置するゲートウェイ等の装置が無いので、準備や運用が非常に楽になる事です。通話信号の流れはインターネット経由でZoom Phoneに接続し、そこから提携している通信事業者経由で公衆回線網へ出ていきます。

各機能と使用できるライセンス

Basicライセンス 共有エリア電話ライセンス Proライセンス Global Select Metered
(従量課金制)
Global Select Unlimited
(定額プラン*)
機能 詳細 無償
ライセンス
固定電話
ライセンス
基本ライセンス 基本ライセンス
+電話番号
基本ライセンス
+電話番号
Zoom Meetingとの切替利用 Zoom Phoneの通話をZoom Meeting(Web会議)に切り替える機能 ×
内線通話 Zoom Phone同士の内線の発着信機能
外線通話 外線通話の着信と発信 ×
ボイスメール 着信時不在の場合など、発信者が留守番メッセージを録音できる機能 ×
モバイル・PC利用 Zoom Phoneの通話の発着信をスマートフォン、タブレット、PCで利用可能 ×
保留・順次転送・自動転送 内線・外線の保留・転送機能
3者通話 2者通話中に3者目を呼び出して、3者通話を行う機能
取次転送された外線通話の受信 着信時に取次を行い転送する機能
自動転送された外線通話の受信 着信時にダイレクトに転送する機能
固定IP電話機の登録利用 Cisco、Poly、Yealinkなどの
SIP電話機の利用が可能
×
呼出しキュー 着信を複数ユーザーに転送する機能
着信応答出来ない場合には、相手にメッセージを流し、待機頂くことが可能
同時、順次、ローテーションなど 様々な呼出しが可能
× ×
共有ライン 代表番号などの着信を複数ユーザーに対して、同時に呼出しする機能 × ×
自動受付(IVR) 着信時に自動音声、ボタン選択(IVR)によって呼出しキュー、共有ライン、ボイスメールなどに転送することが出来る機能 × ×
モニタリング・ウィスパリング 外線通話を第三者が、通話を聞く/ささやく/通話を交代する/通話に参加することができる機能 × ×
ホットデスキング 共有エリアに設置されたデバイスを一時的に個人用端末として利用する機能 ×
通話録音 内線/外線電話をクラウドに録音することができる機能 × ×
パーク保留 複数の電話機による保留の共有機能
パーク保留に対応したIP電話機が必要
× ×
電話番号が含まれる × × ×
*従量課金になる対象、宛先があります。

TRANSITION 既存環境からの移行方法

内線構築先行

既存の電話環境から移行する場合は、PBX本体だけではなく、代表番号などの対外的に告知している番号の扱い、PBXと接続可能な固定電話機の検討、PBXと回線のインターフェースや内線網による拠点間内線など、考慮しなければ検討項目がたくさんあります。

Zoom Phoneはインターネットに接続できればどこでも通話が可能となるので、仮に現状の構成が拠点間内線ができないPBXを使っている、FMCサービスを利用していない状況でも、全国どこでも通話可能な内線網が構築できます。また、固定電話機の機能はPCを利用することで可能となるので、リモートワーク環境下においても、会社・自宅・外出先のどこでもPCやスマートフォン(もちろんZoom Phone対応固定電話機でも)を利用して内線通話を行うことが可能となります。

拠点毎の移行

拠点毎の移行は、PBXの更新時期に合わせてリプレースを行う一般的な移行方法と同じです。この場合は、今利用している電話番号をそのまま使いたい場合はプレミスピア接続で、新たな番号(現状では050番号)に切り替えてもいい場合はネイティブ公衆網接続で移行することになります。

既存PBX連携

既存のPBXの導入時期が新しく、償却の問題もありしばらくは使い続けなければならない場合などに有効です。
接続性を担保するために、既存の固定電話回線の種別、PBXのインターフェースの有無などの確認が必要となります。

この方式はPBXの機能に依存しますので、詳細は弊社までご相談ください。

UTILIZATION IMAGE 活用イメージ

リモートワーク時の部門代表電話の取次ぎ

お客様から代表電話へのご連絡時、予め設定した会社の固定電話機とリモートワーク中の社員の電話が鳴動します。

その電話が外出中の社員に取次ぎが必要な場合でも、Zoom Phoneを導入していれば電話を切ることなく、外線を保留にして担当者に転送することが出来ます。

ヘルプデスク業務での利用

お客様からのお問い合わせに対して、在宅勤務のオペレーターも含めて同じ電話番号で出ることが出来るため、その時に対応できるオペレーターが柔軟に対応することが可能です。

また、同時にスーパーバイザーがオペレーターとお客様の通話を聞くことや(モニタリング)、アドバイスをすること(ウィスパー)も可能です。

HISTORY 日商エレクトロニクス通信事業とZoomビジネス

  • Zoom Phoneと連携するZoomサービスを含めて、全てをワンストップで提供
    ‐ Meetings、Rooms、Phone、Chat、Webinar
  • Zoom担当営業、サポート、CSMによる充実したサポート
    ‐ 全員がZoom社認定資格保有(Phoneの資格を含めた一人5資格以上)
  • 既存の電話番号の活用や新規の050番号払出しを含めて、Zoom Phone導入における様々な回線種別と構成タイプの設計・構築・導入・保守に対応
    ‐主要通信事業者の光回線・ISDN等に幅広く対応

よくあるご質問

  • Zoom Meetingのライセンスの有償ライセンスが割当てられていないと、Zoom Phoneライセンスは割り当てできないのでしょうか。
    Meeting のライセンスとPhoneのライセンスは、有償+有償、有償+無償、無償+有償、無償+無償の組み合わせでご導入いただくことができます。
  • 既に使っている03番号があります。番号を変えないままZoom Phoneを利用できますか。
    また、新規で番号を発行することもできますか。
    プレミスピア接続でご導入頂く事により既存の03番号(0ABJ番号)のご利用が可能です。
    ネイティブ公衆網接続をご利用いただくと新たな番号の払出(現時点では050番号のみ)が可能となっております。(0ABJ番号対応予定)
  • Zoom Phone導入までどれくらいでできますか。
    ネイティブ公衆網接続の場合は、契約後10日間でライセンス発行が可能です。
    プレミスピア接続の場合は、宅内にSBC(VoIP GW)を設置する必要があるので、現地調査等を踏まえてお答えいたします。

Zoom Phone
内線無料キャンペーン

日商エレクトロニクスでは6月末までの期間限定で
Zoom Phone内線無料キャンペーンを実施しています!

キャンペーン内容

Zoomの内線電話サービス(Zoom Phone Basicライセンス)を1年間無償で利用が出来ます。利用人数に制限はございません。社員間で場所や端末を問わずZoomアプリから内線通話が出来るようになります。

ご応募条件

・当社とZoomの契約を頂いているお客様
・当社と新規ご契約を検討頂けるお客様
・(他社と契約中で)当社に乗り換えを検討頂けるお客様 ※既存環境への内線提供は出来ません。