写真:アイキャッチ画像

Zoomウェビナーで便利な3つの新機能 

2019/05/16

オンラインミーティングツール・オンラインウェビナーツールとして高いシェアを獲得しているZoomは、新しい機能をリリースしました。

この記事では、2019年4月にリリースされた一押しの新機能と強化された機能の使い方、設定方法を紹介します。

強化された3つの新機能とは??

Zoomは、ミーティング中およびウェビナー中に使うと便利な3つの機能を強化しました。

 ① ミーティング/ウェビナー中の録画の通知機能

 ② 画面共有中に資料にコメントを書いている人を識別する

 ③ ホスト(主催者)が参加者の名前を変更できる

これらの機能を使って、ミーティングの他にウェビナー(オンラインセミナー)、オンライン授業、オンライン採用セミナーでより快適な体験ができるでしょう。

新機能① これで安心。録画の通知機能!

Zoomで録画は欠かせない機能です。

ミーティングを録画して、欠席者に動画ファイルやURLで共有をしてミーティング内容を簡単に共有することができます。また、YouTubeやFacebookなどSNSで、セミナー動画として配信することもできます。

録画の通知機能とは、ホスト(主催者)がミーティングで録画を開始すると、出席者に録画されていることがわかりやすく通知される機能です。

出席者が、録画に同意する場合には、そのセッションに留まることができます。出席者が録画に同意したくない場合には、ミーティングを退出することができます。この録画通知は、ホスト(参加者)が録画していることをお知らせする通知が画面上にポップアップするため、参加者は録画への同意をはっきりと示すことができるメリットがあります。

画面上に録画通知が表示されますが、ホスト(主催者)は、録画をする前に参加者のみなさんに録画をすることをお伝えすることをお勧めします。

録音/録画の通知機能を設定する方法は?

ミーティング設定にログインし、記録タブをクリックします。画面を下にスクロールし、「Recording reminder」のトグルをオン(青色)にします。

録音/録画の同意をする方法は?

ミーティングホスト(主催者)が、ウィンドウ下部の基本メニューから「レコーディング」をクリックして、ミーティングの録音/録画をはじめます。ミーティングのレコーディング方法について詳しくは「クラウド記録」の記事を参照してください。

参加者には、以下の画像のように、録音されていることが通知されます。

PCの場合>

iPhoneの画面>

 

録音/録画することに同意する場合には、「続行」をクリックします。

録音/録画に同意しない場合は、「ミーティングを退出」または「会議を退出」をクリックして、ミーティングから退出します。

録音/録画の同意についての詳細は、「録音の同意/録画の同意」をご参照ください。

新機能② 注釈は誰が書いたのかわかるようになった!

画面共有をする際、参加者は共有された資料に画面上でコメントを付けることができます。注目してほしいところを強調することができ、会議をより快適にしてくれる人気の機能です。

これまでは、誰がコメントを書いているのかわかりませんでしたが、今回のアップデートで誰がコメントを書いているのかわかるようになりました。

ホスト(主催者)が「注釈者の名前を表示する」設定をオンにすると、画面共有中の資料にメモをかいているユーザーの名前が表示されます。この機能を使うと、ミーティングに参加している参加者は、下記の画像のように誰がメモをかいているのかわかるようになります。

注釈者の名前を表示するには?

ホスト(主催者)は、画面共有中に「詳細」を選択し、「注釈者の名前を表示」をクリックします。

注釈者の名前を非表示にするには、同じ操作をし、「注釈者の名前を非表示」をクリックします。

注釈のつけ方については、「共有画面中、画面・資料への注釈を付けたい」をご参照ください。

 

新機能③ ホスト(主催者)は、参加者の名前を変更できるようになった!

ホスト(主催者)は、参加者の名前を変更できるようになりました。参加者の識別を簡単にすることができます。参加者の名前が不適切な場合、修正するのに役立ちます。

参加者が名前を変更できないように設定をすることもできます。

参加者の名前を変更するには?

ミーティングホスト(主催者)が、ウィンドウ下部の基本メニューから「参加者の管理」を選択し、参加者の名前にカーソルを当て、「名前の変更」をクリックします。変更したい名前を入力して、「OK」をクリックします。

参加者が名前を変更できないようにするには?

ミーティングホスト(主催者)が、ウィンドウ下部の基本メニューから「参加者の管理」を選択し、右下にある「詳細」を選択し、「参加者が自分の名前を変更するのを許可する」のチェックを外します。

PCの場合>

iPhoneの場合>

この機能は、学校での授業などにおいて、子どもが勝手に名前を変えてしまうことから、要望が上がり追加された機能です。

Zoomはミーティングをより快適に、より便利に体験できるよう機能を強化しています。

次回の記事では、同僚や友達に差をつけるおすすめ機能「Siriを使ってミーティングを開始する」、「話したい相手がZoomを使えるようになったら通知してくれる機能」、「オーディオの出所を特定できるセキュリティ機能」を紹介しますので、そちらもぜひお読みください。

Nana Egawaの写真

この記事を書いた人

Nana Egawa

プロダクトマーケティング部所属。
ZoomのWeb、コンテンツマーケ、カスタマーサクセスを担当しています。
ブログでは、新機能やおすすめ機能など、ホットな使い方を紹介します。

  • 顧客満足度 No.1
  • Fortune 500の58%が利用

※Fortune 500:全米上位500社がその総収入に基づき
米フォーチューン誌によりランキング付けされる

オンラインミーティングツールzoom

まずは無料トライアル