写真:アイキャッチ画像

【WebinarReport】日商エレ本社からバーチャルツアーでNeat全ラインナップ一挙ご紹介ウェビナー

2022/03/09

2月21日に開催いたしましたZoom ウェビナー、
「日商エレ本社からバーチャルツアーでNeat全ラインナップ一挙ご紹介ウェビナー」の開催レポートをお届けします。

当日ご参加がかなわなかった方や、ウェビナーを最後までご覧いただけなかった方でもわかりやすく解説しておりますので是非ご覧ください。マルっと動画で視聴したい方のために、ウェビナー動画のご案内もしております。

日商エレクトロニクスに各Neat製品を設置してツアー形式で全ラインナップをご紹介させていただきました。

皆さまの情報収集のご参考にしていただけるかと思いますのでぜひご覧ください!

Neat社のご紹介

Neatは、2018年に設立したZoom製品専用ソリューションを提供する、ノルウェーに本拠地をおく企業です。
タンバーグやシスコなどで経験を積んだエンジニアが結集しZoomに100%フォーカスしたソリューションをソフトウェア・ハードウェア両面から開発していこうと立ち上がりました。

Neat Boardはアワードを受賞しております。
ホワイトハウスや自民党総裁選、慶應義塾大学での導入事例もあります。

Neat製品全ラインナップのご紹介

Neat Board

Neat Boardは小・中規模の会議室に適しており4Kカメラとマイク・スピーカー・PCユニットが全て一体型となったオールインワン端末です。

ディスプレイは非光沢になっており、デザインもすっきりしておりWi-Fiで接続できるため電源ケーブル1本で構成を組むこともできます。

事前にOutlookカレンダーやGoogleカレンダーと連携いただければワンタッチで会議に参加できます。

ホワイトボード機能は最大12枚まで増やすことができ、マルチタッチに対応しているため同時に2人以上で書き込むことができます。
会議終了後、メールアドレスを入力することで画像ファイルを送付することもできます。

カメラを自動に設定することで全体の画角を映すことができ、特定の位置に上長が座る場合は位置を登録することでワンタッチでズームすることもできます。
自動フレーミング機能では頭と肩を自動的に認識し映すことができます。

Neatシンメトリー機能では1つの画面を分割することで一人一人の顔を映すことができます。

音声機能も優れており弊社の会議室の環境では10mの会議室の端からでも音を拾い届けることができます。

Neat Bar
カメラ・マイク・スピーカー、PCユニットが搭載されており、既存のディスプレイに取り付けて使用する製品です。
カメラ・マイク・スピーカーの性能はNeat Boardと同じです。
Neat Board 同様Wi-Fiで接続できるためHDMIケーブルと電源ケーブルの2本で構成を組むこともできます。
ポートが2つあるためデュアルモニターまで対応することができます。

設置方法もとても簡単で約15分で設置ができます。
設置方法のこちらをご覧ください。

Neat Pad

Neat Barはモニターがタッチパネルではないため、基本的にはNeat Padで操作いただきます。
操作方法はNeat Board同様にワンタッチで会議を立ち上げることもでき、事前にカレンダー連携をしていれば予定を表示することもできます。

Neat Padの一番の特徴はバッテリーレスであることです。
経年劣化でバッテリーが膨張してしまう心配がございません。

置く場所についてはコンセントがあるところであればどこでも設置可能なため、従来のように本体とコントローラーが繋がっていないといけないなどの複雑な配線をする必要がございません。
コンセントに繋げるインジェクターは標準で同梱されております。

Zoom Roomsのコントローラー以外の使用方法
会議室前のスケジュール端末としても使用できます。
事前にカレンダーと連携させておくと、その会議室の予定を表示することができます。
スケジューラーの機能はZoom Roomsのライセンスを1ライセンス以上ご購入いただけていれば無料でご使用いただけます。

会議室のスケジュールを表示させるだけでなく、予約ボタンをタップすると1日のスケジュールと予約可能な時間が表示されるため、その場で会議室を予約することもできます。

別のルームを予約をタップすると別の会議室の予約をすることもできます。
事前に地図をアップロードして会議室の枠を作っている場合は以下画像のように表示され、空いている部屋は緑、空いていない部屋は赤で表示されます。

Neat Bar Pro

Neat Bar同様、既存のディスプレイに接続して使用する製品です。
Neat Barの上位モデルのためさらに広い部屋に対応できたり狭い部屋でもクオリティを求めたい場合に設置していただくことができます。
機能の詳細はこちらをご確認ください。

今後のアップデートでRJ45のポートで外部マイクの接続ができるようになります。

Neat Frame

個人ブースやハドルルームと呼ばれる2~4人用の小さな会議室に置くことをコンセプトとした製品です。
機能の詳細はこちらをご確認ください。

背面には取っ手がついており簡単に持ち運ぶことができます。

下の端子部分には電源、リセットボタン、3.5mmのジャック、USBCのポートがついております。
一番下には三脚を取り付けられる用の規格もついております。

特筆すべき点はノイズキャンセリング機能です。
小会議室向けの製品のため、人と機械の距離が近いことが想定されております。
同じ机の上でパソコンのタイピング音や紙をめくる音がしてもノイズキャンセリング機能で人の声だけを届けることができます。
動画内ではノイズキャンセリング機能のデモを行っておりますのでぜひご覧ください。

機能

Zoom Rooms独自機能

ワイヤレスでの画面共有
モニターにパソコンの画面を映したいときは従来であればHDMIケーブルを繋げていましたが、線がなくなってしまった、パソコンにHDMIケーブルが繋げられないなどのトラブルが発生しておりました。
Zoom Roomsが入っている会議室であれば、Zoomのアプリからワイヤレスで画面共有することができます。
アプリの画面の共有をタップすると一番近いZoom Roomsの端末を検出して画面を共有できます。

Teamsのダイレクトゲストジョイン
事前に管理者様がZoom RoomsとOutlookまたはGoogleカレンダーを連携していただく必要がございます。
Zoom Roomsが入っている会議室を予約しTeams会議を一緒に予約し送信を押して予約を確定させます。

予約が確定するとZoom Roomsのカレンダーにも反映されTeamsの紐づけがされていると、予約の下にMicrosoft Teamsと表示されます。

Neat独自機能

ダブルトーク制御機能
同時に複数人が声を出しても音が途切れず、会議が白熱して声が重なってもしっかりと音を届けることが出来ます。
動画内では実際にデモを公開しておりますのでぜひご覧ください。

Neatアップデート情報​

Neatは東京に倉庫を持っており全ての製品の在庫が安定的にございますので納期の心配も必要ございません。
新規お客様へは2022年3月末日までキャンペーンを行っておりますのでぜひ営業にご相談ください

日商エレクトロニクスをご選択いただくメリット

Zoom&Neatの一次代理店
メーカー様と距離が近いポジションで皆様にご提案ができますので他社様と比べて価格のメリットや多くのナレッジがございます。

独自のZoom&Neatサポート窓口
弊社ではサポートのクローズの際に満足調査を行っております。
約50%のお客様にご協力いただき97%の方がサポートに満足とご回答いただいております。
メーカー様との間に立つだけでなく約90%のご質問に関しては弊社のナレッジ内でご回答させていただいております。

充実したFAQページ
Zoom関連のQAページを運営しております。
弊社内にノウハウを溜めるのではなくWEBに公開してエンドユーザー様がリアルタイムに自己解決できるような仕組みを構築しております。
現在は850記事以上の掲載をしており、1000記事を目指してサポートチームが取り組んでおります。

本ウェビナーが、皆様のお悩み解決のヒントになれば幸いです。今後も引き続きZoomウェビナーを開催してまいりますのでお気軽にご参加ください。

動画をご確認されたい方は下記よりダウンロードいただけますので、ぜひ見てみてください。

Neatラインナップ紹介 Zoom

弊社の主要拠点(北海道・東京・大阪・名古屋・広島)のオフィスにデモ環境として、Neat Barを設置しており、東京オフィスにはNeat Board、Neat Bar、Neat Bar Proを設置。Neat Frame設置&公開予定ですので直接体感しにぜひお越しください。

ご希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

この記事を書いた人

Asada

  • 顧客満足度 No.1
  • Fortune 500の58%が利用

※Fortune 500:全米上位500社がその総収入に基づき
米フォーチューン誌によりランキング付けされる

オンラインミーティングツールzoom

まずは無料トライアル